2008年12月03日

ライス国務長官、エリザベス女王にピアノ演奏をプレゼント


英国を訪問中のコンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)米国務長官は1日、ロンドンのバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)を訪れ、エリザベス女王(Queen Elizabeth II)の前でブラームス(Brahms)のピアノ曲を披露した。

 宮殿でのミニリサイタルは、ゴードン・ブラウン(Gordon Brown)首相との会談など、多忙なライス長官の外交スケジュールの合間をぬって開かれたもの。ライス長官の演奏には、デービット・ミリバンド(David Miliband)英外相夫人のルイーズ・ミリバンド(Louise Miliband)さんとロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)のメンバー3人も共演した。

 王室のスポークスマンによると、ミニリサイタルはライス長官自身が希望し、これに応じるかたちでエリザベス女王が宮殿内の音楽室での演奏会を提案した。女王はリサイタル後、演奏を録音した素材をライス長官にプレゼントしたという。

 幼少時にピアノを始めたライス長官の演奏の腕前がプロ並みであることは、よく知られている。

■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
posted by ジェン at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。