2012年06月03日

オランダ皇太子、「便器投げ大会」参加を恥じる


オランダ皇太子、「便器投げ大会」参加を恥じる
オランダのウィレム・アレキサンダー皇太子(Crown Prince Willem-Alexander)は、同国東部レーネン(Rhenen)の恒例行事「便器投げコンテスト」に参加したことを恥じていると語った。ただ主催者側は、皇太子が同コンテストに批判的な発言をしたことを受け流している。

 皇太子は、4月30日の「女王の日」に開かれた同コンテストに参加しただけでなく、優勝した。しかし皇太子はひと月後の5月30日に、オレンジ色の陶器製便器を放り投げた時、発展途上国の劣悪な衛生状態を思い出して恥ずかしい気持ちになったと胸中を吐露した。

「オランダでは冗談で便器を投げる地域がある。わたしも笑顔で参加したが、尊厳を守られた環境で日常的に用を足せる基本的なインフラがない人々が世界中に26億人もいることを思うと、恥を感じざるを得なかった」

 一方、コンテスト主催者は5月31日付の日刊紙アルヘメン・ダフブラット(Algemeen Dagblad)で、皇太子の態度は「子どもっぽい」とコメント。「優勝した皇太子には、便器の飾り付きの優勝カップまでお渡ししました。水を流すひもも付いています」と付け加えた。

 女王の日はベアトリックス女王の母であるユリアナ前女王の誕生日を祝う日で、オランダ各地ではオレンジ色のかつらや帽子をかぶった人々が街頭にあふれる。

posted by ジェン at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273317597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。