2012年06月15日

リンゴ・スターの生家、解体の危機免れる 英リバプール




リンゴ・スターの生家、解体の危機免れる 英リバプール


英リバプール(Liverpool)にある元ビートルズ(The Beatles)のリンゴ・スター(Ringo Starr、71)の生家が、解体の危機を免れることとなった。グラント・シャップス(Grant Shapps)英住宅担当相が14日、明らかにした。

 リバプール当局は市の再開発計画の一環として2011年、ディングル(Dingle)地区の家屋の解体を計画。同地区マドリン・ストリート(Madryn Street)9番地にあるリンゴ・スターの生家も取り壊し対象となっていた。

 だが住民グループの陳情を受けてシャップス住宅担当相が介入。同地区の400軒あまりは解体対象となるが、リンゴ・スターの生家を含む約30軒は取り壊さずに改築されることが決まった。

 この日、マドリン・ストリート9番地前ではリンゴ・スター生家の取り壊し撤回を発表するシャップス住宅担当相と、再開発を進めたいリバプールのジョー・アンダーソン(Joe Anderson)市長がにらみ合い、これを再開発反対派と賛成派の住民が取り囲む形となった。こうした事態にシャップス住宅担当相は「ご覧のとおり、再開発をめぐり住民たちは対立している。私には住宅を取り壊すことが良い考えとは思えない」と語った。

 現在、リンゴ・スターの生家に人は住んでおらず、訪れたビートルズファンたちの落書きが残されている。


posted by ジェン at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275273839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。