2012年06月29日

映画『カサブランカ』のオスカー像、競売へ 予想落札額は2億円超


映画『カサブランカ』のオスカー像、競売へ 予想落札額は2億円超
映画『カサブランカ(Casablanca)』でマイケル・カーティス(Michael Curtiz)監督が獲得したアカデミー賞監督賞のオスカー像が、28日に米ロサンゼルス(Los Angeles)郊外のサンタモニカ(Santa Monica)でオークションにかけられる。

 オークションを行う競売会社ネイト・D・サンダース(Nate D. Sanders Auctions)のネイト・サンダース(Nate Sanders)氏は、『カサブランカ』を「世界で最も人気が高く愛される映画のひとつ。誰もが見てすぐに分かるハリウッド黄金期の数少ない映画」と評価。オスカー像の予想落札額は250〜300万ドル(約2億〜2億4000万円)だという。

 映画は、ナチスが迫りつつあるカサブランカを舞台にハンフリー・ボガート(Humphrey Bogart)とイングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)の悲劇的な愛を描き、1943年のアカデミー賞(Academy Awards)で作品賞、監督賞、脚本賞の3冠に輝いた。

 カーティス監督は1886年にブダペスト(Budapest)で生まれた。1962年、がんのため75歳で死去している。

 オスカー像は2003年、米マジシャンのデビッド・カッパーフィールド(David Copperfield)さんが23万1500ドル(約1800万円)で購入したが、現在の所有者は公表されていない。







投資競馬の極秘システム
posted by ジェン at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。